ちょっと元気になる話

人生を充実させる方法

2018-03-03

  1. HOME >
  2. ちょっと元気になる話 >

人生を充実させる方法

2018-03-03

安倍政権が「働き方改革」と言っているので、私も自分なりに「働き方改革」を試みてみました。
といえば、カッコがいいのかもしれないけれで、ただ、現在の職場は正職員なのにもかかわらず、お給料は大学新卒程度で、昇給なし、ボーナスなし、退職金なしなので、なんとかしないとダメだと思っただけですね。

転職活動も試みたのですが、潰しの利かない職業に就いてきたため、簡単ではありません。
転職活動は時間も使うし、体力も奪われるし、精神的にもまいることが多いので、そこまでして転職をする必要があるのかな?と思いはじめました。
そこで、思いついたのが、転職をするのではなく、副業をすることです。



<Sponsored Link>


本職でいただけるお給料をベーシックインカムと考えて、自分のやりたいことでお金をもらえることをとりあえず、できるところからやってみようと、思ったのです。

ありがたいことに、一応、私の職場は副業がOK(のはず)です。
というのも、面接の時に「お給料少ないけどいいかな?」と聞かれたので、私はこう答えました。

「お給料が少なくても、やりがいのある仕事、好きな仕事であれば、なんとかそれを続けられるように努力すると思うんですよね。例えば、副業したりして」と。そして、採用されたので、多分、副業OKでしょう。

さて、やりたいことというのは、ウェブライティング、ブログでの広告収入、翻訳、英会話講師などですね。
ただ、今できているのはウェブライティングとブログだけです。

翻訳と英会話講師はやりたいとは思うのですが、まだできていません。

そして、ありがたいことに最近は行きつけのバーのオーナーから時々、「手伝って!」と言われるので、お手伝いさせてもらっています。

そんな感じで副業をしているわけです。
ただ、今は副業といっても1ヶ月に1万円稼げるか稼げないか、という程度です。

じゃ、やる意味ないじゃん、と思う方も多いかもしれませんが、私は、何もないよりは1ヶ月の収入にプラスアルファで10円でも多ければいいと思って副業をしています。

以前、『人生、勝負は40歳から!』(清水克彦著)を読んだ時に、「3足のわらじは意外とうまくいく」と書いてあったのです。
どういうことかというと、副業のお話です。仕事をふたつ(2足のわらじ)していると、二つとも完璧にできそうなので、ついつい頑張りすぎて疲れてしまう。でも、3足のわらじにすると、最初から無理かも、ということがわかっているので、すべてに力を注ぎ過ぎることはなく、「これは、ここまで」と踏ん切りがついて、適度にそれなりにうまくこなせるとのことです。

この本を読んで、いつかは副業にチャレンジしてみようと思って、今やっと副業ができてるわけです。





<Sponsored Link>



さて、そうやって副業をはじめてみて感じたことは、生活がとっても充実してきたということですね。
おそらく、その理由は幾つかあると思うのですが、一つは人間関係が広がること。
一つの職場でしか働いていないと、そこでの人間関係がちょっとうまくいかないと、人生すべてがうまくいってないように感じるのです。
もちろん仕事もうまくいかなくなります。
すると、「うわー、私は仕事もできないし、人間関係もうまくできない。人生終わった」と思ってしまうのです。
でも副業をすると、一つの職場で人間関係がうまくいかなくても、それは大きな人間関係のほんの一部と思えるようになるのです。
例えば、ここの人間関係うまくいってないけど、他ではうまくいってるから、大丈夫、というように。
仕事も同じです。
一つの職場の仕事がうまくいかなくても、他の職場の仕事がうまくいっていれば、人生楽しいのです。

ということで、私の「働き方改革」はやりたいことを、できる方法でやる、ということです。

そして、プライベートを頑張って充実させることによって、仕事も自然にうまくいくようになるのです。
これまでは仕事もプライベートも同じくらい頑張ろうと思っていました。
でも、そうではなくて、プライベートを一生懸命頑張って、仕事は適当で良かったのです。

今、国会で裁量労働制でもめてますけど、副業をはじめると本業以外は基本的にすべて裁量労働制になります。そして、なんと本業も効率よくなります。
今までは、本業で暇な時間があれば、休憩しよう、さぼろう、と思っていたのですが、他に仕事をしていると、今のうちにできることをやってしまって、早く帰ろう。時間がもったいない、と考えるようになるのです。
自分が起きている時間は全てお金に変えることができる時間なんだ、と考えるようになるのです。
忙しくなりますが、楽しくもなります。
周りからも輝いて見えるそうです。

ということで、あなたなりの「働き方改革」見つけてみませんか?




<Sponsored Link>



-ちょっと元気になる話
-, , , , , , ,

Copyright© Y's Wise World , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。