元気をくれる書物たち

これまでを振り返って ハーバードの人生を変える授業 26

2020-05-29

  1. HOME >
  2. 元気をくれる書物たち >

これまでを振り返って ハーバードの人生を変える授業 26

2020-05-29

『ハーバードの人生を変える授業』の26章は「これまでを振り返って」でした。

これまでの人生を振り返るのかな、と思いきや、この本のこれまでを振り返ってみましょう、ということでした。

この章で投げかけられた問いは、この本をここまで読んできて「行動や習慣の変化、または考え方の変化について書き出してみましょう」というものでした。

さて、私はこの本を読んで何か変えることができたのでしょうか。

これは、この本を読んだからというわけではないのですが、変えることができたのは生活習慣です。

朝5:30にはほぼ確実に起きることができるようになりました。

これは、本を読んだからというよりは、その必要性が出てきたからというだけの話です。

単純に嫁から

「6:30に顔を洗いたいので、お風呂場を開けてくれ」

と言われたので、私は5:30に起きて6:30までのんびりとお風呂に入っている、というだけの話しです。

ただ、小さなことでもいいので、必要性が生じれば、人の習慣は意外と簡単に変えることができるんだな、と思いました。

あとは、毎日ではなく、時々なのですが、身近な人に感謝をする習慣がつきました。

本人に対して、口に出していうわけではないのですが、「OOさん、今日はありがとう」と思う習慣でできたような気がします。

今回で26章になるので、25回分の課題が出ているはずなのですが、あとはほとんど思い出せません。

ということで、この本をこのように読んでいたら人生は変わらないのでしょう。

この本ではありませんが、あらゆる啓発本で言われていることは、本をたくさん読んでも人生を変えられない人は、本で得た知識を実践していないからだ、ということです。

まさしく、その通りなのです。

本を読んだら、なるほど、と思うのではなく、本の通りにまずはやってみなければ何も変わらないのです。

自分のことを棚に上げてこんなことを言うのもどうかと思うのですが、本、特に啓発関連の本を読んだなら、必ず実践してみましょう。

それが人生を変えるために重要なことなのです。

-元気をくれる書物たち
-, , ,

Copyright© Y's Wise World , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.