美味しいビール

美味しいビール:キリン・ラガービール(新)

2020-10-03

  1. HOME >
  2. 美味しいビール >

美味しいビール:キリン・ラガービール(新)

2020-10-03

私のなかではキリンラガーは苦いというイメージがある。
先日のラジオでのビール談義でも年配(といったら失礼に当たるのだろうけど)の女性キャスターの方が、
「スーパードライよりは私は昔からキリンが好きです。あの苦いのがいいのです」
というようなことを言っていました。

私が幼い頃は基本的にはどこに行ってもキリンラガーだったような気がして、子どもの頃は泡だけを舐めさせてもらって、その印象が苦い、ということだけだったのかもしれない。

先日スーパードライのお話をしたときに書かせてもらったように、20代の頃はスーパードライ派で、キリンラガーに限らず、キリンは苦い、というイメージしかなく、飲むことを極力避けてきた。

しかし、先日コンビニで珍しくキリンラガーを飲みたくなり、缶を手に取ると何かちょっとイメージが違う。

「新」と缶に記載されている。

正直なところ、そこまでは違わないだろうと思い飲んでみた。

ただ、私は頻繁に昔ながらのキリンラガービールを飲んでいる訳ではないので、今、新しいキリンラガーを飲んでも、正直、どこが変わったのかはわからない。

ただ、印象としては、「苦くない」だった。

キリンビールのホームページを確認すると、

「ホップの効いた飲みごたえと締まりのある後味の、飲み飽きないうまさに、さらに磨きをかけました」

とある。

まずは、ごくごくごくと飲んでみたところ、するりと喉をとおりさっぱり感がある。

苦味はほとんど感じない。

あれ、キリンラガーってこんなにまろやかだったかな、というのが第一印象。

次に、口に含んでみると、舌全体にちょっとした苦味が広がり、下の奥、喉のあたりにビール独特の苦味を感じることができるが、すぐにさっぱりと苦味は消える感じ。

続けて、こくこくと何回かに分けてのみ、350mlを飲み干す。

すると、飲み干したあとには、さっぱりとした苦味がしばらく、口の中に残る。

もしかして、ビールを飲み干したあとに、「お、ビール飲んだぞ」という満足感を演出しているのかなと思い、もしもそれが計算されたものだったら、すごいぞ、と思いました。

キリンラガーが変わったせいか、私が年をとったせいなのかはよくわかりませんが、こんなにまろやかな、飲みやすいビールだったかな、と思うのでした。


ということで、近いうちに昔ながらのキリン・クラシック・ラガーを飲んでみることにいたします。

-美味しいビール
-, , , , , ,

Copyright© Y's Wise World , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.