元気をくれる書物たち

横山泰行『「のび太」という生きかた―頑張らない。無理しない。』感想

2020-10-29

  1. HOME >
  2. 元気をくれる書物たち >

横山泰行『「のび太」という生きかた―頑張らない。無理しない。』感想

2020-10-29

「中学生が読書感想文を書いて話題になっている本」とか、「本来は子ども向けの本ではなかったのだけど、課題図書の隣に置かせてもらったら、すごく売れた」などという話題が耳に入ってきたので、実際に購入して読んでみた本です。

作者は大学の教授さん。

教育学の博士さんなんですけど、ドラえもん学を提唱してドラえもんを研究している方です。

基本的には刊行されているドラえもんのコミックを全てを読み尽くし、吹き出しの数は登場人物が登場するコマ数など数えたり、表にして比較したりしているようです。

さて、この本の問いはというと、勉強は苦手、スポーツも苦手、周りの友人からもしょっちゅうバカにされたり、仲間外れにされたり、そして、ちょっと空想癖があるそんなはたからみたら「いけてない」「心配で気になってしょうがない」「下手したら引きこもり」ののび太が、結局は「しずかちゃん」というマドンナと結婚することができて、幸せな家庭を築き、人生の成功者となりえたのはなぜなのだろうか、というものです。

のび太のように、勉強は苦手、スポーツ(特に球技)もどちらかというと得意ではなく、ゲームが大好きで、youtubeやメディアで流される情報を鵜呑みにして、なんでも自分の都合の良い方向に解釈してしまう、そんな息子に読ませてみたいなと思い購入した本です。

実際に読んでみると、そもそも子ども向けに書かれた本ではないので、中学生にはちょいと難しいのかなと思いながら大人の啓発本として読ませていただきました。

まぁ、私が読み終わったら息子の手に渡ることでしょうが、おそらく息子の部屋で行方不明になってしまいそうな本かもしれません。
(私の息子は「俺、字ばっかりの本て読めんのよ」とドヤ顔で言う息子ですから……)。

内容はというと、漫画の中ではどちらかというと負け組ののび太くん。

でも、なぜ、成功するのかというと、そこには人を思いやる真の優しさがあること、ドラえもんの道具を頼りにするものの、結局は自分の力でなんとか問題を解決しようとする努力、失敗を楽しむ能力、壮大な夢を抱き、なんとかそれを実現させようと試行錯誤する努力、などが実はのび太にはあるんだ、ということがこの本を通じて立証されます。

例えば、自分の危険を顧みずにちょっと知り合っただけの人を助けにいったり、台風の子どもや恐竜をすごく大切に育てたり、竹うまを何度も何度も傷つきながらも乗れるようになったり、そういったエピソードからのび太の成功する能力を明らかにしています。

私もドラえもんは友人に借りたり、親戚の家で読んだりと、結構ふれてきてはいるので、あ、このエピソード知ってる、など思い出に浸りながら読ませていただきました。

のび太のようにのんびりしていても、人生には優しさ、しつこさ、失敗を楽しむ力などがあれば成功できるんだ、ということを学ぶことができます。

さて、この本を子どもに読ませてみて、通じるかどうかはわかりませんが(そもそも、読む気になるかどうかはわかりませんが)、小学校高学年、中学生(いや、別に高校生でも大学生でも大人でもいいのだけれども)に読んでいただきたいと思いました。

ドラえもん全体を通しての藤子不二雄先生のメッセージもわかるかもしれません。


-元気をくれる書物たち
-, , , , , ,

Copyright© Y's Wise World , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.