育児のヒント

10代前半男子に送るプレゼント(ゲーム・ゲームソフト以外)

2020-12-15

  1. HOME >
  2. 育児のヒント >

10代前半男子に送るプレゼント(ゲーム・ゲームソフト以外)

2020-12-15

クリスマスや子どもの誕生日が近づいてくるとプレゼント選びが楽しいですよね。

でも、子どもが10代になるとプレゼントを選ぶのがなかなか大変になってきます。

10代前半といえば、小学校高学年から中学を卒業するくらいまででしょう。

この世代へのプレゼントというのは、何が欲しいのかわかりやすい子どももいればとってもわかりにくい子もいます。

しかもこの時代です。

子どもが好きなものをYouTubeで一人で見るような時代です。

子どもと親が価値観を共有できない時代になっているかと思います。

さて、そんな中でも昔から変わらないものというものはあるような気がします。

10代前半の男の子は、意味がわからなくても、使い道がなくてもかっこいいものを持っていたかったり、もらったもので初めて自分の好きなものに気がつくということもあります。

さて、さて、私の経験から10代前半の男のが喜ぶプレゼントをリストアップしてみました。

1. 部活で使うもの

これはとてつもなく、わかりやすい例です。
私もプレゼントに部活で使うスパイクだったり、新しいグローブだったり、バットだったりをもらったことがあります。
ラグビーボールということもありました。
嬉しいものです。
しかし、真剣さにもよりますが、この世代になると自分が使う道具については、ある程度のこだわりが出てくるので、プレゼントをする場合はサポライズは諦めて、一緒に買いに行きましょう。

2. 日常的には行かないレストランでの食事

我が家の子は焼肉とお寿司が大好きです。
ですので、お祝いごとがあれば焼肉の食べ放題かお寿司屋さんです。
ありがたいことに、この手のプレゼントはお気に入りの店があれば、同じお店に何度行っても喜ばれることです。
我が家は良いプレゼントが思いつかないときには焼肉食べ放題です。
喜ばないことがないというのがありがたいです。

3. 商品券

最近の親は子どもが何を欲しがっているのかわからないということで、プレゼントとして現金をあげたりするそうです。
現金はちょっとという方には、商品券やギフト券をあげるという方法があります。
子どもも自分の好きなものを買うことができるので、喜ぶことは間違いありません。
ただ、個人的にはあまりおすすめしません。
やはりプレゼントというものには、親から子どもに対するメッセージも重要だと思うのです。
ですので、商品券を渡して「これで好きなものを買いなさい」というのは個人的にはしたくないと思っています。
ただ、お金の使い方を学ばせるという意図があったり、靴やかばんを買ってあげたいけど、好みがわからない、という場合は、「これで靴買いなさい」とか「これで鞄買いなさい」と一言メッセージを添えたりするのが良いでしょう。
靴専門店などのギフトカードもあるので、利用すると良いでしょう。

4. 学習マンガ

10代前半であれば、学習マンガをプレゼントするのは良いでしょう。
私の家にはなぜか学習マンガがなく、先日、中学1年生の子どもの誕生日プレゼントに『日本の歴史20巻セット』を買ってあげたところ、毎晩、部屋にこもって読んでいました。
喜んでもらえるかどうかわからず、渡すまでは不安でしたが、開けた瞬間「これ、すごいね」という反応でした。
学習マンガも候補に入れておいて良いかと思います。
学習マンガの場合は日常的なテストの勉強、高校受験などにも使うことができるので良いでしょう。

5. 書籍

最近の子どもは本を読まないと言いますので、ちょっとハードルが高いプレゼントかもしれません。
プレゼントを開けて書籍が出てきた時の落胆するという不安はあります。
しかし、書籍の内容によっては喜ばれることもあります。
特にシリーズものはそうかもしれません。
例えばシャーロックホームズを全巻プレゼントする、シートン動物記やファーブル昆虫記を全巻プレゼントをするというのは、10代前半であればありかもしれません。
少しでも興味のある内容について、のめり込むきっかけになるかもしれません。

6. ちょっと高級感のある文房具

かっこいいと思ってもらえる文房具であれば、親父くさくても、大人っぽくても、例え使うことがなくても喜んでもらえます。
中学生の頃、父親から高級感のあるシャーボ(シャープペンとボールペンが一緒になったもの)をもらったときは、結構、嬉しかったものです。
私の息子にも、もらったけれでも使い道のなかった革製の手帳をあげたところ、喜んでいました(使い道があるのかどうか知りませんが)。
友達に自慢できそうな文房具であれば、喜んでもらえるでしょう。

7. 洋服

子どもの嗜好が分からなければちょっとハードルが高いかもしれません。
例えば最近の10代前半の子どもはジーパンを履かなかったりします。
どちらかというと3本線ジャージのズボンの方が良いみたいです。
10代といえば流行りに敏感になってくる世代でもあります(男の子の場合は中学になってからかもしれませんが)。
同じ世代の子どもたちが着ているような流行りの洋服で持っていないものがあれば、プレゼントには最適でしょう。

8. バック類

私が中学生の頃はナップサックが流行っていたような記憶があります。
私は、母親の手作りのナップサックを持ち歩いていたような気がします。
最近の子どもたちはバックパックだったり、ボディバッグだったりを持ち歩いています。
特にボディバッグは人気ですね。
おしゃれな子どもはいくつ持っていても良いのかもしれません。

9. 財布

10代になると子どもたちだけでお出かけする機会も増えてくる年頃です。
そうなると必要になるのがお財布です。
しかもキャラクターグッズとお別れする年頃でもあります。
男の子が好むようなミリタリー柄のお財布だったり、最近流行りのMarvelのロゴ入りのお財布などは喜ばれるでしょう。
我が家の息子の12歳の誕生日はミリタリー柄のお財布でしたがとっても喜んでもらえました。

10. 腕時計

子どもたちだけで出かけるようになるとお財布の他にも腕時計が必要になってきます。
私も初めてちゃんとした腕時計を買ってもらったのは11歳の時だったかなと思います。
ある日突然、母親が時計を買ってくれました。
電器屋さんのセールの日でチラシに手頃ないい時計がのっていたのでしょうね(笑)
でも、とっても嬉しかったことを覚えています。
ということで時計は10代前半の子どもにとっては必要かつ憧れでもある一品です。
10代になったばかりであれば初めての時計として。
中学生になった子どもであれば、ちょっと大人な感じのちゃんとした、それなりの時計を買ってあげましょう。
ということで、今年中学生になった我が子へのクリスマスプレゼントは時計にいたしました。

-育児のヒント
-,

Copyright© Y's Wise World , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.